大阪産業大学孔子学院

中国語教育・学習講演会の開催案内

 今秋、大阪産業大学孔子学院では、広島大学の盧 濤教授、厦門大学の李無未教授をお招きして「中国語教育・学習講演会」を開催致します。中国語の研究者、教育者及び学習者の皆様には、この講演を通して、普段の研究、教育、或いは学習の過程で抱えておられる問題、疑問を新たな視点で見直す機会として頂けるでしょう。当日はお二人の講師の先生との質疑応答もございます。どうぞ、ふるってご参加ください。

盧 濤 教授 (広島大学) 遼寧省生まれ。1982年大連外国語大学卒業。1987年来日。1996年神戸大学大学院博士課程修了(博士号取得)。2008年から広島大学大学院社会科学研究科教授。 李 無未 教授(厦門大学) 文学博士、厦門大学教授。チーフエキスパートとして、国家社会科学基金主要プロジェクト「明清の中国語文献の研究発掘と研究」に携わる。

 

対象: 中国語の研究者、教育者、学習者及び中国語文化に興味のある方
時間: 2018年9月23日(日曜日)14:00~17:30
場所: 大阪産業大学梅田サテライトキャンパス(レクチャールームAB)
〒530-0001
大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル19階
大阪産業大学梅田サテライトキャンパス
講師: 盧 濤 教授 (広島大学)
 テーマ「汉语偏误分析的理论意义」
 日本人中国語学者の誤用分析の理論的意義
李 無未 教授(厦門大学)
 テーマ「日本近现代中国语学史主线」
 日本における近現代中国語学研究と教育の概況
使用言語: 中国語と日本語
参加料: 無料
定員: 50名
申込方法: メールかFAXか電話にてお申し込みください。定員になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
連絡先 孔子学院事務局
TEL   06-6442-5784  Fax 06-6442-5794
MAIL  info@osu-confucius.jp